クラブ概要

袋井SC は、静岡県袋井市を拠点に将来の日本フットボールリーグ(JFL)入りを目指して活動する
サッカークラブです。

袋井SC ビジョン~地域ナンバーワンのクラブへ~

近隣の他クラブを超えるのではなく、袋井市になくてはならないと思われるようなクラブづくりをすること。
スクール・ジュニア・ジュニアユース・ユース・トップチームと袋井市で唯一のピラミッドの組織を形成すること。

2018年 地域で行った主な活動

  • エコパグルメスタジアム2018 クラブイベント開催
     
    キックターゲットやミニサッカーを行い、地域の方々や子供たちと楽しくふれあい、
    交流することができました。

    【会場】 エコパ芝生広場
    【参加費】 無料

  • ニュースポーツフェスタ2018 サッカー教室開催

    株式会社サンアメニティ様・袋井市が主催するニュースポーツフェスタ2018にて
    袋井SCサッカー教室を開催させて頂きました。

    【会場】 袋井B&G海洋センター
    【参加費】 無料

正式名称袋井サッカークラブ
所在地〒437-1124 静岡県袋井市富里17-6 (※2017年度より)
TEL 090-5001-8384
代表安原 直哉
ホームタウン静岡県 袋井市
軌跡2013年 クラブ発足(2014年 リーグ参入)
所属静岡県社会人サッカー2部リーグ
関連団体フットサルチーム・アカデミー(サッカースクール)

クラブエンブレム・コンセプト

磐田フットボールクラブ:エンブレム


エンブレムを構成する6角形は調和、安定、結束を意味し、袋井市の市鳥であるフクロウと、市花であるコスモスを取り入れました。

そして、バックの3本のラインは、ホームカラーの緑、オレンジと、前身磐田FCの青を示しています。

これにより、地域とチームの堅い、安定した結束という理念をモチーフにしています。

袋井SC 10 年構想

袋井SC は、2024年の地域(東海)リーグ昇格を目標に活動します。

袋井SC は「J リーグ百年構想」に賛同すると共に、東海リーグ昇格を果たすために 10 年の構想を 設定し活動してまいります。

この「10 年構想」のなかにはサッカークラブ活動を通して地域社会の発展に貢献することも含まれ ています。

J リーグ百年構想とは

  • あなたの町に、緑の芝生におおわれた広場やスポーツ施設をつくること。
  • サッカーに限らず、あなたがやりたい競技を楽しめるスポーツクラブをつくること。
  • 「観る」「する」「参加する」スポーツを通して世代を超えた触れ合いの輪を広げること。

袋井SC10 年構想とは

  • 福祉ボランティア活動(施設訪問サッカースクールやイベント企画など)を中心に取り組み、弊クラブと福祉施設との関係を強固なものにしていくこと。
  • ユニフォームスポンサーから協賛スポンサーまであらゆる角度からさまざまな企業・団体様のご支援をいただけるクラブ作りをすること。
  • 地域の皆さまと共に歩み、市民クラブとしてスポーツ文化の振興や、地域活性化として数多くのホ ームタウン活動を実施していくこと。

10 年構想が創り出すもの

  1. 袋井SC が袋井市のアマチュアサッカークラブ代表として東海リーグに昇格するため勝利を重ねることで、「志を高くもった選手が再びサッカーに携わることができる環境」を創り出します。
  2. 袋井SC とスポンサー企業様とで行う地域でのスポーツ普及活動により、日頃から運営にご協力いただく企業様に「恩返しをする場」を創り出します。
  3. 袋井SC が設立当時から出会ってきた選手・スタッフ全ての方と「袋井SC の将来を築いていく場」を創り出します。