2019年新年のご挨拶


新年あけましておめでとうございます。



日頃から、袋井サッカークラブ(フットサルチーム)を応援していただき、誠にありがとうございます。



昨シーズンは、髙橋謙太監督、伊藤直人前ヘッドコーチのもとシーズンを2位で終え、2年連続で昇格を果たし、静岡県リーグ2部に進出することができました。



クラブ発足5年間で、静岡県リーグ2部まで導いてくれた髙橋謙太監督、3年間でチームの根幹を築いてくれた伊藤直人ヘッドコーチには大変感謝しています。



クラブ創立6年を迎える今シーズンは、暫定的ではありますが、県リーグ昇格の立役者である選手を新監督に迎えて、新たなフェーズへと入ります。



この5年で築いた土台を生かしながら、新監督が持ち込む戦術を融合させて、東海リーグ昇格の目標を達成したいと強く願っています。



フットサルチームは昨シーズン、リーグ戦全敗という非常に悔しいシーズンとなりましたが、若手選手の台頭がみられ、結果ではみえない収穫を得ることが出来ました。



今年の定量目標はリーグ戦3位以内に入ること、定性目標は袋井市地域密着型のクラブである自覚を持ち、あらためてチームと選手個々の成長を図っていくことであります。
そして、常にチームのもつ無限の可能性を信じ、勇気をもって挑戦するという姿勢を大切にしてまいります。



日頃から多大なるお力添えをいただいております、スポンサーの皆様、ホームタウンの皆様、ご協力をいただいているすべての袋井SCファミリーの皆様とともに、東海リーグ昇格という目標に向けて、実りある1年にしたいと思っております。
これまで同様に、皆様の温かいご支援、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 



袋井サッカークラブ(フットサルチーム)

代表  安原直哉