2017シーズン終了挨拶 (静岡県リーグ昇格のご報告)

12/17(日)に行われました、平成29年度静岡県社会人サッカーリーグ入替戦(5支部リーグ)最終節をもちまして、2017年の活動が終了となりました。

応援してくださった皆様をはじめ、スポンサー様そしてシーズン通してご協力いただきました全ての方のご声援に支えられ、まずは終了することができましたこと心より感謝申し上げます。

今季の袋井サッカークラブですが、トップチームは悲願の静岡県社会人サッカーリーグ(静岡県リーグ3部)への昇格を果たすことができ、2018シーズンより東海リーグを目指し、県の舞台で戦ってまいります。


今季が発足から2シーズン目となるSS(セカンド)チームにおきましては、昨年度より昇格した静岡県西部2部Dリーグへと戦いの場がかわり初年度というなか、1勝6敗2分けと非常に苦戦を強いられましたが、チーム一丸となり最後まで諦めることなく戦い抜いた結果、何とか残留を決めることができました。
2018シーズンは、西部1部リーグ昇格は必達目標でありますが、第25回全国クラブチーム選手権大会の出場チャンスもある為、リーグ戦・大会と実があるシーズンにしたいと考えております。


さて、2018シーズンはクラブ発足5年目の節目の年であり、県リーグで戦っていく大事なスタートの年でもあります。
ここからさらに飛躍するためにも、『袋井市になくてはならないと思われるようなクラブ』とはなんであるのかを、皆さまに少しでもお見せできるよう活動してまいる所存でございます。

来年もまた皆様と共に歩んでいきたいと思っておりますので、引き続き温かいご支援・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

袋井サッカークラブ
代表 安原 直哉